セミナーのオンライン化で起こったこと(その1)

新型コロナウイルス感染症の拡大は、「教え学ぶ」という分野にも大きな影響を与えました。
その中でも顕著なものの一つに、講義のオンライン化があります。
私は学校教育にはテンポラリーな大学講義程度しかかかわっていませんが、セミナーや企業研修に登壇してきました。その経験から、コロナ禍で起こったセミナーや研修の変化について感じたことをお伝えしようと思います。
まずは、主に講師やセミナー会社など、コンテンツ提供側に起こったことをお伝えします。

<待つか、オンライン化か>

教室内や公共交通機関で新型コロナウイルスに感染することへの怖さや、「三密を避けろ」という政府の要請もあり、昨年からは教室に集合してのセミナーや研修は激減しました。私も2020年の3月以降、対面セミナーに登壇したのは一度だけです。

一方、コロナ禍の影響で広がったのはZoomやTeamsなどのICT技術を使ったオンラインセミナーです。

<慣れないインフラに四苦八苦>

2020年4月に最初の緊急事態宣言が発令された当初に、これほど長く影響が続くと考えていた人は少ないのではないでしょうか?風向きが変わり始めたのは、当初は5月7日に解除される予定だった宣言を5月31日まで延長することになった頃です。新規感染者数がなかなか減らず、また宣言が解除されても感染の再拡大を懸念する専門家の声が報道されていました。

そこで、6~7月頃から講義をオンラインで行う動きが本格化していきます。

オンラインセミナーは、今では完全に市民権を得ましたが、はじめのころは講師も受講生もセミナー会社も暗中模索の状態でした。
また、「Zoomは会社で禁止されている」「TEAMS(Skype、WebEx、Meet)しか使えない」といったツールの選択の問題にも悩まされました。

現在は、セミナー会社主催のセミナーはZoomが多いように思いますが、企業研修は、その企業が指定するツールを使用することがほとんどです。従って、講師側は有名どころのツールは一通り使えるようになっている必要があります。

他にも、途中でのネットワークの切断や遅延、PCやプログラムのハングアップにより講義の一部が聞けないといったインフラ系の問題が多発しました。

ネットワークやハードウェアについては各自で必要な改善策を打っていただくことが必要になります。
私は以前はノートPCを使用していましたが、長時間Zoomを使っているとCPUが熱くなってクロックダウンしてしまうことから、グラフィックボード付きのデスクトップPCに変更して排熱の向上とCPUへの負荷低減を図り、またWi-Fiが不安定になって配信が止まったり遅延したりすることを防ぐために有線LANにしました。
このような対策をすることで、講師のトラブルにより講義を提供できなくなるリスクを低減しています。

受講生側のトラブルで講義の一部を聞けなくなる問題には、講義を録画した動画を一定期間視聴できるようにすることで対策としているところが多いです。

<教室と同じ内容では伝わらない>

当初は私も、コンテンツや時間配分、演習などを教室講義とは全く変えずにオンラインで行っていました。
しかし、すぐに「対面セミナーと同じようにできない」ことがわかってきます。

一つは、受講生の集中力が続かないことです。

教室での講義は私の場合、大学の講義のように90分前後で10分程度のトイレ休憩をとるような時間配分でした。
でも画面を長い間注視し続けるのは、集中力を要します。映画の場合はプロの俳優がセリフを話したり、ストーリー構成や演出、映像・音響の効果などを使ったりすることで視聴者を飽きさせない工夫がなされています。でも、これまでのセミナーは、エンタメ性を重視したものはあまりなかったように思います。私自身もあまり活舌のいい方ではありませんし、芸人さんのような話術を持っているわけでもありません。

また、テレビの場合は約15分に一度CMが入るので気分転換ができます。そこで私の場合は、休憩時間の間隔を最大でも60分とし、15分に一度程度は“閑話休題”のような話題をいれることで、受講生の集中力維持を図っています。しかし、これらの時間が加わったことから講義全体の時間調整が必要となってしまったことから、オンライン用にコンテンツを新しく作り直すことになってしまいました。

<受講生が見えない>

もう一つは、講師と受講生の関わりです。

教室講義の場合、講師は講義を行いながら受講生の様子を観察しています。そして、理解が難しそうにしているひとがいれば補足説明を入れ、集中していないような人がいれば声をかけ、何か言いたそうな顔をしている人がいれば質問を促します。
講義中に、このような双方向の関係性を維持することで講義に対する集中力を維持し、そのことが講義内容の理解度を高めています。また、受講生の反応が良いと講師のテンションも上がります。それらが受講生の満足につながっているのではないかと思っています。

現在、多くのセミナーではプライバシーに配慮するという名目で受講生はカメラをオフにしていますし、生活音が入ることやハウリングを防止するという観点から、発言時以外はマイクをオフにします。

これにより、講師は受講生の様子を伺う術がなくなりました。講師は自分のPCの画面を見ながらマイクに向かって話すだけです。私も時に「今、誰のためにしゃべっているのだろう?」という虚しさを感じることがあります。相手の反応がわからないので、ニュースのアナウンサーのように、事前に準備した原稿を淡々と読むような講義になりがちです。
カメラの向こうの様子がわからない状況で受講生への声掛けもしにくいですし、最近では参加者の氏名などがわからないようになっていることもあります。

せめて、私も芸人さんのように面白くて飽きずに聞いてもらえるような話術を身につけられたらいいのですが。

また、以前とはお化粧と髪形をがらりと変えていらっしゃる女性がいました。聞けば、オンライン会議では顔がアップになるため、”映える”ようにしたとのこと。講師としての評価も高まっているそうです。
オジサンの私がメイクすることには心理的抵抗がありますが、普段お化粧をされている方は、そのやり方を少し変えることで受講生との関係性を少しでも作ることができるかもしれません。


次回は、受講生側に起こったことをお伝えしようと思います。

関連記事

  1. 謹賀新年

  2. ヒストグラム

  3. たま工業産業交流展、終了しました

  4. 中小企業診断士の公開模擬試験

  5. もの補助の1次募集の採択結果が発表されました

  6. 中小企業庁担当者に聞く「事業承継5か年計画」

  7. 「ビジネスパーソンとして知っておきたいSDGs」講座に登壇

  8. 事業継承マネジメント(BCM)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP