中小企業診断士二次公開模擬試験の採点

来月初めには中小企業診断士の2次試験です。
私が受験したときから5年経ったのですね。感慨深いです。

今年受験される皆さま、1次試験から頭を切り替えていますか?

2次試験では1次試験知識を組み合わせたり関連づけたりして答案を作成する必要があります。
また、設問回答に一次試験の知識をそのまま当てはめるのではなく、その一歩先まで考えるといいかもしれません。
例えば、「生産量が上がるメリット」は
→ (直接関連する知識) 稼働率が上がる → (一歩先) 原価が下がる・収益性が上がる → (二歩先) 経営が安定する・会社の業績が回復する など。
でも「経営が安定する・会社の業績が回復する」まで一足飛びに行ってしまうのは、先走りすぎです。

そして、これからの時期は、勉強の進捗だけでなく体調管理にも気をつけてください!

影ながら応援しております。

関連記事

  1. 欧州向けに輸出を始めた中国EV

  2. IT導入補助金

  3. もの補助の1次募集の採択結果が発表されました

  4. 特性要因図

  5. 来年の補助金情報

  6. JDIの外資受け入れ発表

  7. 「小規模事業者持続化補助金」募集開始

  8. もの補助 2次募集開始

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP