化学物質規制セミナーに登壇

2022年5月16日に「毒劇法の理解」というセミナーに登壇させていただきました。

長い歴史がある複雑な法律であり、特に営業者の責務と使用者の責務が分かれていることが分かりにくいと思います。
個人的には、現物の取引や取り扱いを意識した規制体系のように感じられ、今の電子取引や、製造者と使用者の間に複数の商社が介在するような複雑な商流などに対応しきれていない面が多いと感じています。
最近になって、通達やガイドラインなどで法解釈が出されるようになってきましたが、当時は法解釈について所轄の保健所や都道府県の薬務課などによく伺っていました。

そんな苦労話も交えながら、なるべく平易な表現でお話させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です