特性要因図

QC7つ道具についての説明。最初は特性要因図です。魚の骨のように見えるので、フィッシュボーン図と呼ばれることもあります。

品質管理面では、クレームが発生したときなどに、その原因を検討していく際に使用されます。因果関係が可視化されるので、特にグループで討議する際にはメンバーのアイディアを引き出したり、漏れなく検討したりすることができるようになります。
私は、ブレーンストーミングの内容をまとめるときにもよく使っていました。

因果関係を整理するのは品質問題のときだけではありません。経営の問題(例えば「売り上げが下がった」など)について原因を探るようなときにも、フレームワークとして使えます。
メンバーから思いもよらなかった原因が出てきてびっくりするかもしれませんよ。

関連記事

  1. 事業継承マネジメント(BCM)

  2. ヒストグラム

  3. アフターコロナ? ウィズコロナ?

  4. 「もの補助」の公募開始!「持続化」の公募予告!

  5. 事業再構築補助金の申請に至らなかったケース

  6. PM分析研修

  7. 新型コロナウィルス対応の企業支援(2020年3月1日現在)

  8. 新型コロナウィルス対応の企業支援-2(2020年3月1日現在)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP