新サービス「世界の化学物質規制の新着情報」のウェブ提供開始

小泉コンサルティングオフィス(代表:小泉岳利)では、日本、欧州、北米、中国、台湾、韓国の主要な規制当局が発表する新着情報を自動収集して表示する「世界の化学物質規制の新着情報」を、運営するウェブサイトにて2020年5月1日より提供を開始しました。
「世界の化学物質規制の新着情報」
http://www.k-consulting.info/

【提供の背景】
化学物質は現代的な生活において欠かせないものである反面、公害病や薬害など化学物質による健康被害や環境汚染も後を絶ちません。
2002年のWSSD(持続可能な開発に関する世界首脳会議)における合意を背景に、世界各国は「化学物質が、人の健康と環境にもたらす悪影響を最小化する方法で使用・生産されることを、2020年までに達成する」ことを目標に動いています。今後も新しい規制が出され、企業はそのたびに対応を求められることになるでしょう。

今回、弊オフィスでは、これまで日本を含む主要国の化学物質規制に関する情報提供や対応に関するごコンサルティングを通じて蓄積したノウハウをもとに、各国の規制当局が発信する新着情報を収集して一元表示するウェブサービスを開始しました。

【「世界の化学物質規制の新着情報」のサービス概要】

<特徴>
日本をはじめとした各国の化学物質規制情報は、各国の規制当局が独自に発信しております。そのため、従来は担当者が各国の規制当局のウェブサイトを適宜巡回して情報を確認したり、専門のコンサルティング会社のセミナーに参加することなどで得ることが一般的であり、どうしても情報の入手に手間や費用がかかったり、タイムラグがあるなどの課題がありました。
この度ご提供する新サービスでは、クローラーやRPAといったIoT技術を使って各国の規制当局が発信する最新の情報を収集し、弊サイト上で表示するサービスとなります。一カ所のサイト閲覧で済むほか、最小限のタイムラグ(ロボットの巡回間隔は約8時間)で情報を得ることができます。また機械翻訳機能を有するため、日本語で概要を把握することができます。
なお、現在の情報収集先は、日本、欧州、北米、中国、台湾、韓国という6つの国・エリアの11サイトですが、今後は巡回先を順次拡大していくことや、新着があった場合にメールでご連絡できるシステムの構築を計画しています。

<価格>
当面は、会員登録をしていただいた方に、無料でご提供します。
有料化する場合は、会員様にあらかじめご連絡いたします。

<詳細・申込>
下記のボタンから「化学物質規制」ページに移り、ページ下部にある「世界の化学物質規制の新着情報」から会員登録をしてご覧ください。

【本サービスに関するお問い合わせ先】
小泉コンサルティングオフィス
http://www.k-consulting.info/
(サイトの「お問い合わせ」からご連絡ください)

関連記事

  1. エシカル消費

  2. 最近のSVHCの動き

  3. 欧州REACH規制の予備登録期限が終了しましたね

  4. 企業の化学物資規制への対応方法

  5. 「化学物質規制動向」セミナーに登壇

  6. 化学物質規制セミナーに登壇しました

  7. 二酸化チタンに発がん性の恐れあり?

  8. 化学物質規制動向セミナーに登壇

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。