禅とU理論の意外な類似性

先日、禅の達人と呼ばれる人から「禅マネジメント」について教えていただきました。
禅にはプロセスがあり、1) 一点集中(考えを止める) 2) 客観観察 3)気付き(覚醒) からなるとのこと。

これを聞いてまず思ったのは、「U理論に似ている」ということ。
U理論の7つのステップは、1) ダウンローディング 2) 観る 3) 感じ取る 4) プレゼンシング 5) 結晶化 6) プロトタイピング 7) 実践。
比べてみると、禅のプロセスとU理論の1~4辺りまでのステップに類似性があると思います。

インドを起源とする仏教の修行形態の一つでもあり1000年以上の歴史がある「禅」と、マサチューセッツ工科大学上級講師、C・オットー・シャーマー博士が2000年代に入ってから提唱した「U理論」。
生まれも育ちも歴史も異なるこれら2つに類似性があるということは、真理に近い事なのかもしれませんね。

関連記事

  1. コミュニケーション能力開発

  2. 偏った知識・情報の怖さ(その4)

  3. 分身の術

  4. 「思い込み」の力

  5. Serenity Prayer (Reinhold Niebuhr)

  6. 偏った知識・情報の怖さ(その1)

  7. 勉強しない子どもへの対処

  8. 偏った知識・情報の怖さ(その3)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP