企業の化学物資規制への対応方法

化学物質に関するコンプライアンスを会社トップや顧客から求められた場合、どのように進めたらいいでしょうか?

やり方はいくつもあるかと思いますが、今までほとんどやられていなかったのであれば、私だったら以下のようなプロセスを踏むと思います。

  1. 関連する(であろう)法規制を調べる。万一、社内に不備が見つかったら大至急対処。
  2. 国連や欧米の動向から、法や規制の改正動向を予測する。
  3. 規制される可能性がある材料を使用している場合、対応する戦略を社内で検討する。(代替開発、撤退、別製品提案、など)
  4. 社内の規制対応体制を構築し、規制対応などを業務フローに落とし込む(標準化)

私が企業内で担当していた当時はあまり相談できるところがなかったのですが、法規制の調査や体制の構築は、今なら経験や知識のある専門家に相談できます。一人でモヤモヤする時間が少なくなりますよ。

関連記事

  1. 新サービス「世界の化学物質規制の新着情報」のウェブ提供開始

  2. 十文字学園女子大学の田中茂先生退職記念講演

  3. BREXITの動向(UK REACH)

  4. 化学物質規制動向セミナー、リターンズ

  5. 二酸化チタンに発がん性の恐れあり?

  6. 欧州REACH規制の予備登録期限が終了しましたね

  7. 最近のSVHCの動き

  8. 自分と環境

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP