化学物質管理ミーティング2018を終えて

5/17~18日にパシフィコ横浜で化学物質管理ミーティング2018が行われ、盛況のうちに幕を閉じました。基調講演などにも多くの方々がいらしており、ニッチな分野ではありますが、関心の高さを物語っていると思います。

過去は参加者として来ていましたが、今回は私も出展者側で参加させていただき、延べ約50名の方とお話させていただきました。ありがとうございました。
改めて感じたことは、この分野で困っている企業が思ったより多いことです。しかも、化学系の大手企業であっても対応に苦慮されているところが多いのが印象的でした。これらの企業様は当然化学出身の方はいらっしゃいますし、社内には法務部門もお持ちです。しかし、化学の知識と法律の知識、それに法のグレーゾーンに対応できる実務経験を有している方は多くはいらっしゃらないようです。

企業のコンプライアンスに対する意識が高まる中、複雑な法体系と煩雑な管理に手を焼いている企業様も多いと思います。今後も、化学物質管理の面でお困りの企業様のお役にててるように、微力ながら活動をしていきます。

関連記事

  1. 新サービス「世界の化学物質規制の新着情報」のウェブ提供開始

  2. 企業の化学物資規制への対応方法

  3. 化審法改正案が閣議決定

  4. 最近のSVHCの動き

  5. 食品用器具や容器包装に使われる樹脂が制限

  6. 「クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス」が設立

  7. 化学物資規制セミナーに登壇しました

  8. 十文字学園女子大学 田中茂先生退職記念講演

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP