3つの補助金をCheck!

補助金の相談をいただいたときに、高い確率で質問されるのが、もの補助、持続化、IT導入の3つの有名補助金の使い分けです。

2019年3月11日付けで、中小企業庁のHPに掲題の資料が掲載されています。この3つの補助金とは「もの補助」「持続化」「IT導入」のことで、これを見ると使い方がよくイメージできます。下表に抜粋してみました。

名称【ものづくり補助金】
    (募集中(~5/8))
【小規模事業者持続化
   補助金】(未発表)
【IT導入補助金】(未発表)
こんな
人に
・新事業にチャレンジ
・生産ライン増強
・サービスの質を高める
・ブランド力を高める
・商品を宣伝
・HP開設
ITで、
・経営状況を見える化
・業務を自動化
・働き方改革

補助金
内容
・100~1,000万円
・補助率:1/2~2/3
・~50万円
・補助率:2/3
・40万円~450万円
・補助率:1/2
用途新製品開発のための製造機器購入やシステム構築などHP作成、決済・会計ツール、外国人対応ツール(翻訳ツール)などバックオフィス効率化のためのITツール導入など

以前お伝えしたとおり、補助金目当てで事業を行うのはいかがなものかと思いますが、自社の目論見と補助金の内容・タイミングが一致するなら、この制度と機会を有効に活用していただければと思います。

関連記事

  1. 「事業継続力強化計画」認定制度が始まりました

  2. 平成31年の補助金情報

  3. 働き方改革の行方?

  4. JDIの外資受け入れ発表

  5. たま工業産業交流展、終了しました

  6. 新型コロナウィルス対応の企業支援(2020年3月1日現在)

  7. 新型コロナウィルス対応の企業支援-3

  8. 中小企業庁担当者に聞く「事業承継5か年計画」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP