もの補助の1次募集の採択結果が発表されました


去る平成31年3月22日に、今年の2月18日から2月23日まで1次募集を行っていた、平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」の採択結果が発表されました。応募開始の発表が2月18日の夕方だったので、実質5日間ほどの応募期間でしたが、1,111件の応募があり、332件が採択されました。

1次募集の採択率は約30%であり、思ったよりも狭き門でした。昨年暮れの閣議決定後から、地道に準備していた企業が通ったのかもしれません。

ここで落ちてしまった企業は、希望すれば2次募集に回ることができます。敗者復活戦のようなものですが、資料の差し替えなどが認められないため、1次募集に応募した内容のままとなります。一方、2次募集から応募する企業は、時間をかけて計画を練り、加点ポイントを得る準備をしてきていますから、一度選から漏れた計画では厳しい戦いとなることが予想されますね。

2次募集の締め切りは、平成31年5月8日です。まだ時間が1ヶ月以上ありますので、今から申請を目論んでいる方は、加点ポイントとなる「先端設備導入計画」や「経営革新計画」などの作成・提出を並行して進めることをお勧めします。

ご相談がある方、初回は無料相談も承りますよ。詳しくはこちら

関連記事

  1. 平成31年の補助金情報

  2. 事業再構築補助金の申請に至らなかったケース

  3. 中小企業庁担当者に聞く「事業承継5か年計画」

  4. 「叩き上げ社長のための円満経営1DAYセミナー」に登壇

  5. 災害・事故のリスクアセスメント

  6. アフターコロナ? ウィズコロナ?

  7. もの補助の事務局が決定

  8. 中国製造2025

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP