見えない力

磁力の不思議。

子供の小学校の夏休みの自由工作(だった)で磁力で浮くコマを制作。子どもの力だけで形はできたものの、コマを浮かせるのが難しくて課題提出は断念。
コツをつかんで、なんとか調整して一度浮かせることができても、数回で浮かなくなり、その都度微妙な調整が必要になるので、大人でも難しいかも。

でもうまくいくと、写真のような状態で結構長い時間浮きます。この写真を知らない人が見たら、まさに超能力・超常現象。「見えない力は信じない」という人も、これを見たら信じるかな。(笑)

今、量子論を再勉強していますが、固定概念を取り払わないと理解できないことが多いです。これまで超常現象のように思われていたことが、実は科学的な理論に裏付けられていることもあります。あなたが理解していることは、あなたの単なる思い込みではありませんか?

関連記事

  1. 偏った知識・情報の怖さ(その2)

  2. 偏った知識・情報の怖さ(その4)

  3. パナソニックの戦略とアダム・カヘン氏の共通項

  4. 勉強しない子どもへの対処

  5. 分身の術

  6. 次元が違う?

  7. Serenity Prayer (Reinhold Niebuhr)

  8. 推論のはしご

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP