セミナーのご案内

(受付終了)

その輸出、本当に大丈夫ですか?もう通関で止められない!『輸出管理のイロハ』

 

通関で止められると納期遅延で顧客の迷惑になるだけでなく、費用の損失にもなります。スムーズに輸出したいと思いませんか?

このセミナーでは、輸出企業の皆様に、輸出で押さえるべき最低限のポイントを理解していただき、損失を最小限に抑える方法をお伝えします。


皆さんは輸出の時に通関で止められたことはありますか?
通関で止められると納期遅延でお客様に迷惑をかけるだけでなく、保管費用、返送費用などの多額の損失を被ります。

また、通関で止められる理由も様々です。例えば、

  • 「ペンキに含まれている成分をすべて教えないと通さない」と言われた
  • プラスチック玩具を輸出しようとしたら、「フタル酸エステルは入っていないことを保証しろ」と言われた
  • 「非該当証明」がないと言われた
  • 「SDSを出せ」と言われた

などなど。

そんな時は、その都度商社さんやメーカーに聞いて、書類を準備すればいいと思っていませんか?
でもこれでは、また次にいつ止められるかわかりませんし、顧客の信頼やビジネスチャンスを失うかもしれません。きちんとした輸出管理体制を作る必要があるのです。

通関で止められるパターンを知れば、自ずと対処法がわかります。さらに、輸出管理ができる体制を作ることができれば、未然防止にもつながります。
私がお伝えする輸出管理のイロハは次の通りです。
イ. 輸出品や輸出先を調べる
ロ. 関連法規を理解する(外為法、各国化審法、各種条約)
ハ. 標準化する

輸出管理体制を作り、不必要な通関ストップを防止しませんか?また、最近は輸出企業に対する税関の立ち入りも始まっています。輸出管理体制を構築することで、突然の立ち入りにも対応できるようになります。

 

 

<セミナー詳細>

その輸出、本当に大丈夫ですか?
もう通関で止められない!

『輸出管理のイロハ』

【開催日時】
2017年9月27日(水)15:00~17:30(受付:14:30~)

【会場】
ビジネスITアカデミーセミナールーム
〒101-0044 東京都 千代田区 鍛冶町2-7-4 ヨウコービル 4階

(アクセス) JR神田駅の東口を出て、高架下の横断歩道を渡ります。
目の前にたばこ屋がございますので、右から回りこんで、1本中に入ります。
MISTER MINITが見えますので、そちらのビル(ヨウコービル)の4階にエレベーターでお越し下さい。

【参加費】
定価:5,000円(税込)

【定員】6名

 

お申し込み受付は終了しました。ありがとうございました。

NEW POSTS

ARCHIVES

PAGE TOP